■ プロフィール

2019年2月、お医者さんの勧めもありずっとやってみたかった農業、田んぼを東京、秋田間で月一回一週間程度滞在し始めてみました。

なんとか暮らせるのではないかと2019年8月に東京から秋田へ移住しました。

健康に良いはずの野菜でも食べると気持ち悪くなる状態だったので、自分が食べれるものを作りたい、どうせ作るなら美味しく作りたい、この二点について論文を読み漁りました。

農薬は食べる分には問題ないですが散布は体調不良になるので無農薬で作ることにしました。

野菜を食べて具合が悪くなる原因は硝酸塩でした。

硝酸塩とは窒素肥料を多くすると作物に蓄積されるものです。

窒素肥料を抑える無肥料に近い作り方が健康に良いという事が分かりました。

また、コンクール入賞者の栽培方法を調べてみると同じく窒素肥料を少なくしていました。

味の面でも窒素肥料を減らす事が重要だと分かりました。

このような理由から無農薬、ほぼ無肥料というスタイルでやっています。

自分で作った野菜を食べていますが、気持ち悪くならずとても美味しいです。

その後勉強を続けていると「美味しい水百選」「高地」この二つが更に食味を向上させることが分かりました。

今年で二年農業経験を積めたので条件を満たす地へ再度移住します。